NHKとの受信契約

NHK受信料をめぐる論争はかなり昔からあり、様々な情報が錯綜している状態といえます。
そのため絶対に正しい言い分といったものはなく、様々な見方があることをまずはご了承ください。
こちらではNHKとの受信契約について解説していきます。

NHK受信料を支払うということは、NHKとの受信契約を結んでいるということになります。
そして、NHKとの受信契約を結んでいるのでしたらNHK受信料を払わなければなりません。
NHKは放送法に基づいて、テレビを持っている人だったら誰でもNHKと契約を結んでいるんだと主張するのです。
その根拠となっている放送法には「NHKの放送を受信できる受信機(テレビなど)を設置している人は、NHKとの契約を結ばなければならない」と記されています。
この放送法をそのまま鵜呑みにすれば、テレビは当然NHKの放送を受信できるため、NHKとの契約を結ばなければならないということになります。
つまりテレビを設置する=NHKとの契約を結ぶ=NHKに受信料を支払うという図式が完成します。

どことなくというか、とても理不尽な話に聞こえるかもしれませんが、放送法ではこのように定められています。もうこれは法律でこのように定まっているのだと自分を納得させるしかありません。
ただ、テレビが無かったり、アンテナが無かったり、テレビが壊れていたりすればNHKとの受信契約は結ばれていないことになります。
そのため、受信料を払っていない方の家にはテレビがなかったり故障している可能性もあるのです。
だからといって、受信料を払いたくないからテレビを叩き壊すなんてことはしないようにしてくださいね。