受信契約の解約方法

NHKと契約して受信料を払っているのですから、契約を解約すれば受信料を払う必要もなくなるのです。
契約ができるのですから、当然解約することも可能なはずです。
実際にどのように解約していくのか、その方法について説明していきます。

1.受信する機械や設備を排除する
簡単にいえば、テレビを捨てるなり売却などするなりして、自宅から撤去してしまえば、NHKとの契約は解約できるはずなのです。
放送法では「NHKの放送を受信できる受信機械がある場合はNHKと契約を結ぶ」といった内容が規定されています。
これをそのまま読めば、「NHKの放送を受信できる機械がなければ契約は解約できる」となります。
まずはご自宅にあるテレビやアンテナなどを除去してしまいましょう。
ただ、どこまでが「受信する機械の排除」なのかは具体的に定められているわけではありませんので、判断が難しいところです。
とにかく、NHKの番組が一切みれない状態までもっていければ、解約できると思われます。

2.NHKに解約を申し出る
あとはNHKに解約を受け付けるコールセンターがありますので、そこに電話をかけて解約を申し出ましょう。
その際には、本当に受信する機械が全て撤去されているかを確認する訪問員などの説明もあるかもしれませんので、しっかりと説明を聞いておきましょう。

3.解約申請書を送る
訪問員などのチェックがあったとして、それが終わり問題がなければあとは解約申請書を書いて送れば解約です。
もし解約できていないようでしたらコールセンターに原因を問い合わせてみましょう。

他のテレビ番組も見れなくなってしまいますが、以上の手順を踏めばNHKとの契約を解約することができます。